【ベルセルク】映画第4作目(続編)はないのか?

今更ながら、ベルセルクの映画「黄金時代編3部作」を見ました。

第1作目「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」と第2作目「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」まではよかったものの、第3作目「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」蝕のラストは続きが気になる展開。

そもそも映画のベルセルクは何部作か?続編となる映画第4弾は公開されるのか?黄金時代編は原作のどこまでで、続きは何巻から読めばいいのか?について紹介します。

ベルセルクの映画第4作目は公開されていない?

2016年、映画3部作の続編となるTVアニメシリーズが放送されました。

シーズン1の12話+シーズン2の12話=全24話の構成で放送されています。

そんなベルセルクのアニメは、動画配信サービスのHuluで配信中です。

Huluの2週間無料体験

ベルセルクの映画3作目(降臨)の続きは原作14巻から

「黄金時代篇の3部作」はコミック13巻までのお話なので、14巻から読めば話がつながります。

14巻の冒頭では、いきなりサプライズ?が待ってました。

実は、キャスカのお腹には…

▼ベルセルク 14巻

Amazon

楽天

ヤフー

ベルセルクの映画の評価

ベルセルクの劇場版3部作を見た感想

これは原作を見てから知ったことなのですが、映画はめちゃくちゃ内容が省かています。

映画でベルセルクを初めてみた(初見の)私からすると、第3部でグリフィスが急に変わってしまったように感じました。

そりゃ、手足の健を切られて自力で歩くことすらできないのには同情します。あの「グリフィス」ですから、余計にね。

でも、自らの夢をかなえるために鷹の団をいけにえにしたり、ガッツの目の前でキャスカを犯すシーンはいくら何でも酷い。

性描写(濡れ場)の感想がエロいとかではなく、ただただ心の奥底から憎しみがわいてきました。

そして、圧倒的な力を手に入れてしまったグリフィス(=フェムト)に対して絶望を感じます。

あとは、結末(終わり方)は後味が悪すぎますよね。

ベルセルクの映画からの考察まとめ

ただ、原作をじっくり読んでみると考えは変わりました。勧善懲悪ではないからこそ、この作品は面白いのです。

グリフィスは、ガッツだけに「お前が欲しい」と言っています。

そんなガッツが自分の前から去り、直後に衝動的に王女(シャーロット)と関係を持ち、それが王に知られてしまったことで悲劇が始まります。

グリフィスから言えば、「お前が俺の元から去ったからだ!」という論理です。

だから、ガッツの目の前でキャスカとのSEXを見せつけた。ようするに、復讐だったわけです。

キャスカはというと、やっと見つけた「鷹の団」という家族以上の存在を奪われます。しかも、それは自分が憧れてきたグリフィス自身の手によって。

最後には、ガッツの目の前でグリフィスに犯されたことによって精神が崩壊してしまいます。

黒い剣士編#ロストチルドレン#順番#断罪篇

ベルセルクの 映画と漫画原作の違い

映画を見て原作を見たいと感じた方は、1巻から読んでみるべきです。

映画だけを見て、何の説明もなく不思議に思ったシーンは数多くあったはず。

※実際に、映画の尺の問題でかなりの部分が省かれています。これは続編となるTVアニメシリーズも同様です。

▼ベルセルク 1巻

Amazon

楽天

ヤフー

タイトルとURLをコピーしました