【PS4】コントローラーの修理金額や無料交換期間について

PS4のコントローラーは、購入から1年以内なら無料で修理可能。

無料で交換できる補償期間が過ぎた場合は、買い替えた方がマシです。

【PS4】無料で修理可能な期間は1年

PS4(プレステ4)購入から1年以内に故障した場合は、アフターサービスを使って無料で修理できます。

PS4本体はもちろん、付属品のワイヤレスコントローラーもアフターサービスの対象。

ただし、保証書と購入した日が分かるレシートが必要になります。

レシートについて。例えばAmazonで購入した場合は紙のレシートがないですが、注文履歴から確認できる領収証で代用できます。

▼Amazonの注文履歴へのリンク

注文履歴-Amazon-

保証書があっても、購入日の確認がとれない場合はメーカー保証が受けられないため、レシートや領収書は絶対に必要です。

ちなみに、外箱がないケースでも、保証書とレシートがあれば修理を受け付けてくれます。

1年目以上経っても有償修理が可能だが、金額が高い!

ソニーの公式サイトで修理代を調べてみたところ、なんと4860円(参考料金)もかかるらしい!

普通にコントローラー単品で買うと5000円くらいなので、買い替えるほうが絶対に良いです。

PS4 アフターサービス料金

#費用#価格#値段#料金

▼PS4 ワイヤレスコントローラー

Amazon

楽天

➡ Yahooショッピング

【PS4】修理までに1週間くらいかかる

ソニー公式サイトによると、修理までに1週間くらいかかるそうです。

アフターサービス期間の目安として、製品がプレイステーションクリニックに届いてから数日から1週間ほどお時間をいただきます。
見積りやその他のご連絡が必要な場合、上記期間よりお時間をいただくことがございます。
出典 : アフターサービスお申込みの手順

iPhoneは故障品の発送時に代わりに新品を届けてくれたりしますが、PS4はさすがにそこまでのサービスはしてくれません。

1週間はPS4で遊べないと覚悟しないと・・・

【PS4】自分で分解して修理するのは当然リスクがある

ワイヤレスコントローラの場合、アナログスティックやボタンだけが故障してしまうことがよくあります。

ついつい自分で何とかしようとしてしまいますが、それで直らなかった場合は修理を受け付けてもらえない可能性も考えてから行動しましょう。

購入から1年以内なら、素直に修理に出すのが一番です。

交換/修理をお断りする場合について
不当な修理/分解/改造(ソフトウェアを含む)が行われた製品

▼PS4 ワイヤレスコントローラー

Amazon

楽天

➡ Yahooショッピング